利用規則

ストックヤードとは

ストックヤードとは、工事期間のずれ等から再利用されていない建設発生土を一時保管し、工事間での利用時期の調整を行い、建設発生土の有効利用を図るものです。
申請に必要な書類は「必要書類」からダウンロードし、お使い下さい。

利用規則

  1. ストックヤード利用にあたって
  2. ストックヤードの利用手続き
  3. ストックヤードに持ち込める建設発生土の土質範囲
  4. ストックヤードの利用方法
  5. その他の注意事項

1.ストックヤード利用にあたって

1-1.ストックヤードを利用できる工事は原則として山梨県内で施工される次の工事です。

  • 山梨県及びその関係機関が発注した工事
  • 山梨県内の市町村及びその関係機関が発注した工事

ストックヤードを利用するためには、工事監督員の承認のもと、ストックヤードの管理者である(公社)山梨県建設技術センターが発行する利用券、利用車両証が必要となります。この利用規則に定められた利用手続きに従って所定の手続きをして下さい。

  • 発注機関は利用にあたって技術センターと協議をしてください
  • 特記仕様書にストックヤード利用の明示と運搬費及び利用料金を計上してください。

1-2.ストックヤードの利用日時

事務所 利用内容 利用日時 利用時間
利用日 休日
(公社)山梨県建設技術センター 利用申込み/完了報告書の提出先 月曜日~金曜日 土曜日、日曜日、
祝日(振替休日を含む)
年末年始(12月28日~1月4日)
8:30~12:00
13:00~17:30
三沢ストックヤード 建設発生土の持込・持出し 月曜日~土曜日 日曜日
祝日(振替休日を含む)
年末年始(12月28日~1月4日)
月曜日~金曜日
9:00~12:00
13:00~17:00
土曜日
9:00~12:00
初狩ストックヤード 建設発生土の持込・持出し 月曜日~土曜日 日曜日、第二土曜日
祝日(振替休日を含む)
お盆休み(8月13日~8月17日)
年末年始(12月28日~1月7日)
月曜日~土曜日
8:30~12:00
13:00~17:00

2.ストックヤードの利用手続き

2-1 ストックヤードの利用申込み

ストックヤード利用を指示された工事の現場代理人は、工事監督員の承認印を得た後、次の書類をストックヤード利用開始日の10日以前に、(公社)山梨県建設技術センターに提出して下さい。なお、書類は(公社)山梨県建設技術センターにて交付します。また、郵送にて送付することも可能です。郵送希望の場合は、200円切手貼付の上、送付先を明記した角形2号の封筒を、同封した封書にて申し込んでください。

※送付書類のm3数によっては、着払いにて送付させて頂きます。

(公社)山梨県建設技術センターへ提出する書類(工事監督員の承認印必要)

提出書類 必要部数
ストックヤード利用計画書(様式1-1) 一式(3枚複写様式)
ストックヤード利用車両申請書(様式1-2) 一式(3枚複写様式)
運搬経路図(様式任意、経路を赤で明示) 3部

2-2 ストックヤードの利用券、利用車両証の発行

利用計画書の確認後、(公社)山梨県建設技術センターから様式1-1、様式 1-2の控え(工事発注者用、工事請負者用の2部)とともに、ストックヤード利用券(様式2)及びストックヤード利用車両証(様式3)が発行されます。このうち、様式1-1、1-2の工事発注者用控えは後日工事監督員に提出して下さい。
また、様式1-1、1-2の工事請負用控えは、ストックヤード利用券(様式2)及び、ストックヤード利用車両証(様式3)の発券受領書を兼ねていますのでストックヤード利用が完了するまで保管しておいてください。

2-3 ストックヤード利用計画の変更

ストックヤードを利用中に既に提出した「ストックヤード利用計画書」の内容に変更が生じる場合は、工事監督員の承認を得た「ストックヤード利用計画変更届」(様式4)、以前の利用計画書(様式1-1)のコピー1部及び必要書類を次表に示す期日までに(公社)山梨県建設技術センターへ提出し、必要な伝票の発券を受けて下さい。

ストックヤード利用変更時に必要な書類(様式1-1 のコピーに加えて)

利用変更内容 提出書類 提出期日 備考
利用土量の変更(増減とも) ストックヤード利用計画変更届け」(様式4) 変更予定の1週間前まで 土量の増量の場合のみ利用券を追加発券する
利用期間の変更
(期間延長のみ)
「ストックヤード利用計画変更届け」(様式4)
「ストックヤード利用車両申請書」(様式1-2)
変更予定の1週間前まで 利用期間を延長した「車両証」を再発行する(様式3)
利用車両の追加 「ストックヤード利用計画変更届け」(様式4)
「ストックヤード利用車両申請書」(様式1-2)
変更予定の1週間前まで 様式1-2は追加車両分のみ提出
運搬経路の変更 「ストックヤード利用計画変更届け」(様式4)
「運搬経路図」(3部)
変更予定の1週間前まで  

※利用期間の延長と利用車両の追加を同時に行う時は、全ての利用車両を記した様式1-2を提出のこと。
※ いづれの書類も工事監督員の承認印がついたものを所定の期日までに(公社)山梨県建設技術センターへ提出のこと。

2-4 搬入/搬出予定表の提出

2-5 ストックヤード完了報告書

ストックヤードの利用が完了した場合は、「ストックヤード利用計画書」(様式1-1 )に記載された「ストックヤード利用期間」(の利用完了日)から1週間以内に次の書類を(公社)山梨県建設技術センターへ提出して下さい。

〔(公社)山梨県建設技術センターへ提出する書類(工事監督員の承認印必要)〕

  • ストックヤード利用完了報告書(様式5)一式(3枚複写様式)
  • ストックヤード利用券(様式2)(未使用の利用券を全て返却)
  • ストックヤード利用車両証(様式3)(交付を受けた車両証を全て返却)

なお、(公社)山梨県建設技術センターの確認印が押された様式5の控えは「ストックヤード利用料振込証」(次項参照)とともに「工事完了検査」時に工事監督員へ提出してください。

3. ストックヤードに持ち込める建設発生土の土質範囲

ストックヤードに持ち込める建設発生土の性状は次のとおりです。

3-1.有害物質が含まれていないこと

有害物質が含まれる恐れのある工場跡地やトンネル工事などの建設発生土の場合は、あらかじめ「土壌の汚染に係る環境基準」など関係する各種法令等に従い有害物質が含まれていないことを確認してください。

なお、土質検定試験書などは、工事監督員の確認を得たものとし、その写しをストックヤード利用計画書に添付してください。

3-2. 廃棄物が混入していないこと

建設発生土に、アスファルト・コンクリート塊、木片等のごみが混入しているものはストックヤードへ持ち込めません。

3-3. 建設発生土の土質基準

ストックヤードに持ち込める建設発生土の土質基準は、下記表のとおりとします。
ストックヤード土質基準
コーン指数400KN/m2以上区分 備考
第一種建設発生土
(砂・礫及びこれらに準じるもの)
 
第二種建設発生土
(砂質土・礫質土及びこれらに準じるもの)
コーン指数800KN/m2以上
第三種建設発生土
(通常の施工性が確保される粘性土及びこれに準じるもの)
コーン指数400KN/m2以上
※「建設発生土利用マニュアル(第3版)」(H16.9 財団法人土木研究センター)

4. ストックヤードの利用方法

ストックヤードの利用は次に従って下さい。

4-1.利用券、車両証の携帯

  1. ストックヤードを利用する場合は、利用券、利用車両証が必要です。これを持っていない場合はストックヤードは利用できません。
  2. 利用券は、ストックヤードの利用1回ごとに必要です。利用券は入り口で確認を受け、控えを必ず保管してください。
  3. ストックヤードの利用は、利用期間が予め定められています。利用車両証にその利用期間が明示されています。利用期間を過ぎての利用はできませんので注意してください。

4-2.入り口でのチェック

  1. ストックヤードの入り口で、利用券を係員に提示しチェックを受け、控えを受け取ってください。
  2. 係員が持ち込まれた建設発生土の土質をチェックします。持ち込まれた建設発生土の土質状態が、持ち込み基準に照らして不適切と判断された場合は、原則として持ち帰っていただきますので係員の指示に従ってください。
  3. 最終利用券には備考欄に「最終」と記入してください。

4-3.利用する車両について

  1. ストックヤードを利用する車両は、利用車両証をフロントガラスの見やすい場所に置いてください。なお、利用車両証に車両番号が記載されていますので、他の車両の車両証ではストックヤードは利用できません。
  2. ストックヤードは改造された車両では利用できません。改造された車両の車両証は入り口で没収し、その車両は以降ストックヤードを利用できなくなります。
  3. ストックヤードは過積載車両は利用できません。過積載車両は、工事監督員に通知し厳重な対応をします。

4-4.ストックヤード内での行動

  1. ストックヤード内での車両通行、行動は係員の指示に従ってください。

5. その他の注意事項

  1. ストックヤードへは、予め提出した運搬経路を運行してください。
  2. 運行に際しては、安全運転に努めるとともに交通法規を遵守してください。
  3. 利用券、利用車両証の不正使用に対しては、その後のストックヤード利用を取り消すとともに、工事監督員に通知し厳重に対応します。

 

Unknown Condition [8192]: Assigning the return value of new by reference is deprecated in file xoops_trust_path/libs/smarty/plugins/function.d3comment.php line 42